Top >  目の病気 >  角膜潰瘍とは?

スポンサードリンク

角膜潰瘍とは?

角膜潰瘍とは、角膜がえぐれた状態になった目の病気で、細菌感染などによって起こります。角膜潰瘍には感染と関係なく発症することもあります。

目の表面には普段から細菌がいるのですが、目の角膜の表面にある上皮と呼ばれる膜や涙によって保護されているので普段は何も湧く差をしません。

ところが疲れ目やドライアイなどで涙の量が少なくなったり、出なくなったり、また、コンタクトレンズなどで角膜に傷ができたりすると細菌が活発化して角膜に潰瘍ができるのです。

目の中に異物が入ったままになっていたり、コンタクトレンズをつけたまま眠ったり、コンタクトレンズの殺菌消毒が不十分な場合でも角膜潰瘍になることがあります。

角膜潰瘍の症状は、まぶしい、涙が出る、目が痛い、視力低下などで、角膜潰瘍の治療には抗生物質の点眼や内服、注射などがあります。抗生物質でも治らない場合は、カビによる潰瘍である可能性もあるので抗真菌薬を用いて治療します。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の疲れの原因の紫外線  |  トップページ  |  次の記事 目の疲れにホットタオル  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4542

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。