Top >  目の病気 >  視力回復レーシックはリスクなし?

スポンサードリンク

視力回復レーシックはリスクなし?

視力回復レーシックは安全な手術と言われて人気がありますが、リスクはあるのでしょうか?レーシックの合併症では、ハロ・グレアと呼ばれる症状が有名です。ハロ・グレアとは夜間や蛍光灯の光を大変まぶしく感じる症状で、光の周りがぼやけて見えたり、視力が低下します。しかしこのような症状が現れても3ヵ月くらいすると消えると言われています。レーシックを受ける前の検査をすることで防ぐことができます。

ドライアイになると目の表面が乾いて傷つきやすくなります。レーシック後にもドライアイの症状が現れることがありますが、約3ヶ月ほどで症状が消えると言われています。

その他のレーシック手術のトラブルには、ごく稀に角膜につけたフラップにシワが出来てしまい不正乱視が起きたり、医療機器のトラブルなどでフラップが不完全になることで起きる上皮剥離、感染症などの可能性がゼロではありません。過去に失明したという報告はありませんが、技術と経験のある医師選びでトラブルを避けましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の疲れにホットタオル  |  トップページ  |  次の記事 老眼の症状  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4544

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。