Top >  目の病気 >  角膜潰瘍(かくまくかいよう)という目の病気

スポンサードリンク

角膜潰瘍(かくまくかいよう)という目の病気

角膜潰瘍は角膜の一部が潰瘍を起こす目の病気です。主に細菌の感染が原因で起こります。目の表面やまぶたの裏側には常に常在菌という細菌がいるのですが、細菌は普段は何も起こさずに存在しています。ところが疲れ目やドライアイなどで涙が少なくなったり出なくなったり、または角膜にコンタクトレンズによる傷ができた場合などには、このおとなしかった細菌が活動しだすのです。副腎皮質ステロイド薬や抗生物質の点眼薬を長期間投与した場合や目に傷がついた場合にも角膜潰瘍が起きることもあります。

角膜潰瘍になると、まぶしい、涙が出る、目が痛いといった症状があらわれます。細菌が原因でおこった潰瘍の治療には、抗生物質の点眼や内服、注射で治療します。その他カビによる潰瘍の場合には抗真菌薬を使用して治療しますが、角膜潰瘍の症状が起きたら悪化しないうちに早めに眼科を受診しましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ストレスは目にも良くない  |  トップページ  |  次の記事 疲れ目の原因と対策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4547

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。