Top >  目の病気 >  網膜出血や網膜白斑という目の病気

スポンサードリンク

網膜出血や網膜白斑という目の病気

網膜の出血や白斑は、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病や、腎臓疾患、血液疾患、膠原病、外傷など、さまざまな病気が原因となって起こります。

出血や白斑が黄斑部に及んでいれば視力の低下が心配されますが、それ以外なら無症状のことが多く、視野の一部に暗い影を感じたりします。

出血や白斑は眼底検査をすれば判明します。また出血や白斑の起きた原因を解明するために内科的な検査も行われます。

高血圧や動脈硬化を起こすと、眼底の血管や網膜に影響を及ぼします。ひどいときには、網膜の出血や白斑が見られたり、視神経の循環障害による視神経乳頭の浮腫がみられることもあります。

止血薬や循環改善薬が使用されることもありますが、原因となっているもとの病気の治療を優先して行うことが第一で、その治療によって目の網膜出血や網膜白斑の症状が改善されます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 視力低下と近視と遠視  |  トップページ  |  次の記事 目の疲れを食べて解消  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4550

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。