Top >  目の病気 >  網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)は目の小児がん

スポンサードリンク

網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)は目の小児がん

網膜芽細胞腫は乳幼児の網膜にできる悪性腫瘍の一種です。網膜芽細胞腫の大部分は3歳ごろまでに発症し、目の小児がんとも呼ばれています。

網膜芽細胞腫になると目の瞳孔が猫の目のように光ってみえたり、斜視、結膜の充血や角膜の混濁、視力障害などが初発症状としてあらわれますので気をつけてみる必要があります。

網膜芽細胞腫の治療方法には、腫瘍が大きい場合には眼球摘出を行ったり、エックス線照射や抗がん薬による化学療法などを行います。

また腫瘍が小さい場合には、放射線療法、化学療法、光凝固、冷凍凝固、眼球温熱などを行い、眼球を摘出しない治療ができます。

摘出せずに保存的治療を受けた場合の視力は、腫瘍の程度や合併症の有無などの条件によって変わりますが、早期発見がとても重要な病気といえます。子供の目付きに気をつけて、写真に映した瞳が白く光っていたり、猫の目のように光っていたらすぐに医師に相談しましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目を疲れさせない冷房のしかた  |  トップページ  |  次の記事 目の健康と紫外線の害の関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4562

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。