Top >  目の病気 >  咽頭結膜熱(プール熱)は目の病気

スポンサードリンク

咽頭結膜熱(プール熱)は目の病気

咽頭結膜熱(プール熱)はアデノウイルスの感染で起こる目の病気ですが、とくに夏季にプールで感染しやすく流行しますます。学校などでも毎年のように流行することからプール熱と呼ばれています。咽頭結膜熱(プール熱)は夏風邪の一種でもあります。

咽頭結膜熱(プール熱)の潜伏期間は約1週間です。咽頭結膜熱(プール熱)の予防には手をよく洗うことと、他の人とタオルの貸し借りをしないこと、そして水泳をした後に洗眼やうがいをし、シャワーをよく浴びます。プールの塩素消毒も効果があります。

咽頭結膜熱(プール熱)の症状の熱やのどの痛み、結膜炎の症状が消えてからも2日くらいは様子を見て完全に元気になるまで5~7日くらいは学校を休むことと、症状が消えたあと1ヶ月間はウイルスの保有があることもあるため、プールは他の人にうつす危険もあるので避けましょう。子供の場合は感染しやすいので注意をしましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 視力矯正のイントラレーシック  |  トップページ  |  次の記事 緑内障の症状と検査について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4568

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。