Top >  目の病気 >  緑内障の症状と検査について

スポンサードリンク

緑内障の症状と検査について

緑内障は初期症状はほとんどなく、視野の異常もある程度病気が進行するまで自覚できないので、検査で早期発見する以外手遅れになってしまいます。緑内障は眼の中の圧力(眼圧)が高くなり、眼内の血液循環が悪くなって視神経が障害されることで視野異常や視力低下が起こります。

緑内障には「開放隅角緑内障」「閉塞隅角緑内障」という2種類があります。

緑内障の検査で眼圧測定を行います。緑内障の場合は、視神経乳頭の陥凹の進行が停止するレベルにまで眼圧を下げる治療をします。眼圧は季節や時間帯などによって変動することと、緑内障の場合には変動の幅が大きくなると言われています。

隅角検査は眼圧の高い原因を調べる検査です。この検査で隅角が広ければ開放隅角緑内障ということになり、狭ければ閉塞隅角緑内障と診断されます。

その他の検査としては、眼底検査や視野検査があります。緑内障にかかっても初期症状がほとんどないため、早期発見のためにも40歳を過ぎたら年に一度は定期検査を受けることが望ましいとされています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 咽頭結膜熱(プール熱)は目の病気  |  トップページ  |  次の記事 視力と眼のしくみ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4569

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。