Top >  目の病気 >  ぶどう膜炎という目の病気

スポンサードリンク

ぶどう膜炎という目の病気

ぶどう膜とは、眼球を包んでいる脈絡膜〈みゃくらくまく〉と毛様体〈もうようたい〉、虹彩〈こうさい〉の三つからできている部分で、眼球全体を包み込むように広がっています。この膜に起きる炎症が「ぶどう膜炎」と呼ばれています。

ぶどう膜炎は、片方の眼だけに発病したり両方の眼に発症したりします。ぶどう膜炎の症状には、眼球内部が濁ってくるためぼやけて霧がかかったように見える症状、まぶしく感じたり、視力が低下する症状が出ます。

炎症が進んで網膜にまで及んだり、網膜剥離が起こったりすると白内障や緑内障になりやすく、そのために視力低下が起こります。
飛蚊〈ひぶん〉症といわれる、炎症で生じた眼球内の濁りや浮遊物などのせいで目の前にゴミみたいに見えることが起こります。

虹彩や毛様体の炎症が激しい場合には、白目が充血して鈍い痛みを感じることもあります。続いて起こる眼圧異常のために違和感を感じます。

ぶどう膜炎になると白内障や緑内障、網膜剥離といった合併症が起こる頻度が高まるということです。このような合併症による視機能の低下を防ぐためにも、ぶどう膜炎の早期発見と早期治療が大切なのです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 視力と眼のしくみ  |  トップページ  |  次の記事 コンタクトレンズ障害に気をつけて  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4571

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。