Top >  目の病気 >  水晶体脱臼と水晶体偏位という目の病気

スポンサードリンク

水晶体脱臼と水晶体偏位という目の病気

水晶体脱臼と水晶体偏位ってあまり聞かない病名ですね。水晶体偏位は目の水晶体が元の位置からずれて、向きが変わってしまうことです。前房内や硝子体内に落下した場合は水晶体脱臼と呼ばれています。

また、水晶体が完全には脱臼しておらず、一部支えを失って下方に沈んだ場合は亜脱臼と呼ばれます。こういった症状は先天異常であったり、外傷などによって起こります。

先天異常の場合は両眼性です。マルファン症候群、マルケザニー症候群、ホモシスチン尿症などに合併して起こりますが、外傷が原因のものは片眼性が多いといわれ、眼球打撲のような場合に起こります。

水晶体脱臼と水晶体偏位の症状としては物が二重に見えたり、見にくくなったりします。そして緑内障を合併した場合には目の痛みや充血といった症状も見られます。

水晶体脱臼と水晶体偏位が起こっても軽度の場合には経過観察を行ない、中等度の場合は散瞳薬などの点眼を行なって合併症を防ぎます。完全脱臼の場合や白内障、緑内障の合併が起きた場合は、水晶体を摘出する手術を行ないます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の健康に運動不足はだめ  |  トップページ  |  次の記事 疲れ目に効く栄養成分とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4574

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。