Top >  目の病気 >  糖尿病網膜症という目の病気の症状

スポンサードリンク

糖尿病網膜症という目の病気の症状

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症のひとつです。糖尿病患者数が増加し、医療の進歩によって糖尿病治療も進み糖尿病に罹患している期間が長くなったおかげで糖尿病網膜症も増加しています。成人の失明の原因の一番多いのがこの糖尿病網膜症なのです。

糖尿病に罹患して10年以上の患者では約50パーセント、20年以上では約80パーセントの方に網膜症の合併症が起きるといわれている病気です。

糖尿病網膜症には、単純網膜症と増殖網膜症があります。単純網膜症は病変が網膜内にとどまっている網膜症です。糖尿病が発症して数年以内に起こりますが、糖尿病のために長期にわたって高血糖が続くと血管が弱くなって、血管に小さなこぶができたり、血管が細くなったりします。すると毛細血管の集まっている網膜に出血が起こって網膜症になることもあります。

糖尿病ではあっても血糖のコントロールをきちんとできていれば失明の危険性も少なくなりますし、網膜症を改善することも可能なのです。糖尿病も合併症も早期発見、治療が何よりも大事です。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の健康にもNGのストレス  |  トップページ  |  次の記事 目の健康と老眼の症状  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4579

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。