Top >  目の病気 >  糖尿病網膜症の症状と治療

スポンサードリンク

糖尿病網膜症の症状と治療

増殖網膜症は、単純網膜症が発症した後、数年たってから進行する病気です。網膜の血管が閉塞し、血液の供給が滞った場合は、新しい血管(新生血管)を作って血液供給をしようとします。この新生血管はもろいので出血しやすく、出血をくり返していると網膜剥離の原因となり失明に至ることもあるのです。

増殖網膜症は病変が進んで目の中の硝子体にまで及んだ網膜症のことです。病状が進んでしまうと糖尿病の血糖コントロールをいくらしても、網膜症の進行を止めることはできなくなってしまいます。

糖尿病網膜症は、初期にはほとんど自覚症状がないので、適切な治療をする機械を逃してしまう場合があります。ところが網膜症は、眼底の中心部に出血や浮腫が発生したり、網膜症が進行して網膜の大量出血、硝子体出血、増殖性変化などが起きると、初期ではあっても視力障害が発生します。

網膜症に対するもっとも有効な治療方法はレーザー光凝固です。光凝固を行なっても網膜症が進行する場合やレーザー光凝固が行なえない場合には、網膜冷凍凝固が行なわれています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の健康と老眼の症状  |  トップページ  |  次の記事 疲れ目にならないために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4537

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。