Top >  目の病気 >  円錐角膜という目の病気

スポンサードリンク

円錐角膜という目の病気

円錐角膜は目の角膜の中央部が円錐状に突出してしまう目の病気で原因は不明です。思春期の頃に両目に発病して徐々に進行することが多く、30歳くらいになると進行が止まることが多いといわれています。円錐角膜はアトピー性皮膚炎のある人に多くみられます。

円錐角膜になると涙が出たり、結膜の充血などの症状があらわれます。初期には、眩しかったり光に過敏になったり見え方に軽い変化がおこるだけですが、進行すると角膜の突出が大きくなって角膜に濁りが生じてしまうこともあります。そうなると見え方に歪みが生じて生活にも支障をきたします。

円錐角膜は左右で進行の程度に差があることが多く、通常両眼が円錐角膜になるといわれていますが、片眼のみが円錐角膜ということもあります。

円錐状に突出した角膜は、中央にいくほど異様に薄くなります。角膜表面の形状を調べる角膜形状解析装置で観察すると、初期の軽い円錐角膜も容易に診断されます。急速に進行し、中央部でデスメ膜という角膜の深部にある膜が破れると、その部分の角膜がはがれるため濁りができ、いちじるしい視力低下が起こります。

円錐角膜の治療は、病状が軽い円錐角膜の場合にはハードコンタクトレンズを装用し、コンタクトレンズが装用できない場合は、角膜移植術を行なって治療します。




スポンサードリンク

 <  前の記事 疲れ目にならないために  |  トップページ  |  次の記事 近視・遠視・乱視と視力低下  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4539

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。