Top >  目の病気 >  近視・遠視・乱視と視力低下

スポンサードリンク

近視・遠視・乱視と視力低下

近視・遠視・乱視を屈折異常、正常な状態は正視と呼ばれます。

近視は、屈折力が強すぎるために網膜の手前でピントが合う状態です。そのため近くは見えますが遠くを見るとぼやけてしまいます。

遠視は、逆に屈折力が弱すぎて網膜の後ろでピントが合う状態です。遠視では近くも遠くもぼやけて見えます。ただ意識的に目の調整力を働かせれば、遠くにピントを合わせることは出来るので、遠くははっきり見ることが出来ますが、遠くを見るときに意識的に目の調整力を働かせるので目が疲れやすくなります。

乱視は、角膜の表面が球形でなく、楕円になっていたり、歪んだりしているため、屈折の度合いが異なり、焦点がどこにも合わず、ブレて見えたりしてとても目が疲れやすい状態といえます。

近視・遠視・乱視で視力が低下するとメガネやコンタクトレンズで矯正してピントを合わせて物をはっきり見ることができますが、メガネやコンタクトレンズでピントを矯正していても、生活環境の変化、老眼などによって、ピントが合わなくなってくることがあります。

メガネやコンタクトレンズで矯正しつつ無理にピントを合わせようとすると目に余計な負担がかかり、疲れ目になりやすくなります。メガネやコンタクトレンズが目にあわなくなると目が疲れるので1年に1度は検査をしてぴったり合うめがねやコンタクトレンズを使用しましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 円錐角膜という目の病気  |  トップページ  |  次の記事 目の疲れの原因の紫外線  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4540

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。