Top >  目の疲れ >  ストレスは目にも良くない

スポンサードリンク

ストレスは目にも良くない

ストレスは目にも良くない、健康にとっての大敵です。たいしたことのないと思えるストレスであっても自律神経のバランスを崩し、健康を損ねたり、疲れ目の原因になることもあります。自律神経とは自分でコントロールすることの不可能な自動的に働く神経のことです。

ストレスがたまると自律神経の交換感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、血流が悪くなったり、その影響で涙の分泌量が減少するため、目の疲れに繋がります。

目の疲れは肩こりや頭痛、腰痛の原因にもなり、全身に影響を及ぼすこともあります。ストレスは万病の元ともいわれています。ストレスを貯め込まずに、うまく解消して、目の健康も守りたいものです。一日の終わりにリラックスして入浴タイムやストレッチをしてヒーリングミュージックで疲れをとることも効果的です。アロマや音楽の力を借りてストレスを解消しましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 老眼の症状  |  トップページ  |  次の記事 角膜潰瘍(かくまくかいよう)という目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4546

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。