Top >  目の疲れ >  疲れ目の原因と対策

スポンサードリンク

疲れ目の原因と対策

目が疲れている人は多いですね。疲れ目の原因は、長時間パソコンに向かって目を酷使するライフスタイル、そしてデスクワークで近くの細かい物を見る作業を1日中やっていたり、夜遅くまで起きてパソコンやテレビを見たりする夜型のライフスタイルの定着、バランスの良くない食事や食事間、睡眠不足、運動不足、ストレスなどがあげられます。思い当たることばかりですね。

毎日目を酷使したり、パソコン画面をじっと見て作業をする時間が長かったりすると、目の瞬き(まばたき)の回数が減ってしまい、目を乾燥させてしまいます。

30分から1時間に1度くらいは遠くの緑を見るようにすると目の疲れを予防できま。まぶたに熱いタオルをのせたり、目の周りを軽く指圧したり、鼻の付け根を指で押したり、マッサージをしても効果的に目の疲れを軽減することができます。

目の疲れをそのままにしないで疲れを取るようにして目の秒来た視力低下を予防したいですね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 角膜潰瘍(かくまくかいよう)という目の病気  |  トップページ  |  次の記事 視力低下と近視と遠視  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4548

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。