Top >  目の疲れ >  疲れ目対策にビタミン

スポンサードリンク

疲れ目対策にビタミン

目の疲れは日常的な症状であまり深刻にとらえない傾向にありますが、ただの疲れ目や老化だと思っていたら、白内障や緑内障、網膜剥離などの病気であるということもで軽視せずに眼科を受診するようにしましょう。

目のかすみは目の病気の初期症状や老化によっても起こる症状です。また、高血圧、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病からも目の疲れが起きます。

ビタミンCは目の疲れを癒すために良いといわれていますが、ビタミンCは、美白や美肌に効果的なだけでなく、血管を丈夫にして白内障の予防にも効果的とされています。

ビタミンCのアンチエイジング効果で目の機能を若く保って目の疲れを軽減する働きもあります。ビタミンCが不足すると細胞同士を結合させているコラーゲンの生産が低下するため、毛細血管が出血しやすくなります。その結果毛細血管の多い目に良くない影響が出るというわけです。ビタミンCをたくさん含む柑橘系のフルーツやじゃがいも、青菜類をできれば毎食食べるようにしましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 麦粒腫(ものもらい)はよくかかる目の病気  |  トップページ  |  次の記事 老眼のはじまり  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4554

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。