Top >  目の疲れ >  目を疲れさせない冷房のしかた

スポンサードリンク

目を疲れさせない冷房のしかた

夏は目の健康にとって過酷ですが、とくに直射日光による強烈な紫外線、赤外線、冷房の効きすぎなどには気をつけましょう。

冷房が効きすぎた室内は気温も湿度も下がりがちになります。特にエアコンの風に直接当たる場所で仕事をする人は眼の乾燥からドライアイになりやすいので注意が必要です。ドライアイになると涙の量も減るため、角膜の保護が不十分となり傷が出来やすくなるので、目の痛みや異物感を感じたりします。

冷房を入れるときには室温を下げすぎず、ドライアイ予防のために人口涙液を点眼したり、湿度が低下しすぎないように気をつけましょう。 

また夏ばてなどで体力が下がるとちょっとした細菌にも感染して感染症も起こしやすくなります。プールでも抵抗力が下がっていると眼病に感染しやすくなります。
体力を維持するためにビタミンやミネラル豊富な食事と睡眠で身体の抵抗力を下げないようしにして目の健康を守りましょう。



スポンサードリンク

 <  前の記事 子供の視力低下を防止したい  |  トップページ  |  次の記事 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)は目の小児がん  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4561

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。