Top >  目の疲れ >  眼精疲労の原因とは?

スポンサードリンク

眼精疲労の原因とは?

眼精疲労は頭痛にも繋がりとても不快な症状です。眼精疲労の原因は、近視、乱視、老眼、視力矯正の不良などが考えられます。近視・乱視・老眼などの視力低下が進んだり、メガネやコンタクトレンズが合わなくなってしまったために眼精疲労が起きることもあるのです。メガネやコンタクトレンズは、1年に1度は検査を受けて自分に合ったものを使用しましょう。

ドライアイでも眼精疲労は悪化します。ドライアイでは涙が減少するため眼球の表面の角膜や結膜が乾燥してしまい、眼精疲労が起きやすくなります。

また緑内障、白内障やその手術の影響なども眼精疲労を引き起こすことに繋がります。斜視や斜位になると物を見るときに両眼が連動して動き、わずかに寄り目になって視線を一点に合わせようとします。両目の視線が一致せずに左右別々の方角を向いてしまうことを斜視と呼びますが、この状態は眼精疲労の原因になります。

そして眼瞼下垂〈がんけんかすい)では瞼が垂れ下がってくるため、物を見るときに見えにくくなります。よく見ようとして頭を後ろへ反らして無理な姿勢になると眼精疲労を引き起こします。目はとてもデリケートな器官なので、普段から目をいたわって視力低下や眼精疲労を予防したいものです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の健康と紫外線の害の関係  |  トップページ  |  次の記事 近視、遠視、乱視について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4564

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。