Top >  目の疲れ >  疲れ目には休息

スポンサードリンク

疲れ目には休息

疲れ目の予防のためにも目が疲れる前に休む癖をつけましょう。パソコンの画面をずっと見ているとまばたきが減るためドライアイになりやすいのです。目がチカチカしてきたり、目の奥が痛くなってきたり、物がかすんで見えたり、まぶしく感じたりなどの疲れ目の症状が出てきます。画面をじっと見つめて熱中しているときにはまばたきの回数も減ってしまいがちです。ずっと長い時間同じ姿勢を続けていると肩や首や腰にも負担がかかります。

パソコン画面を見るときには画面が目より下になるような位置に置いて、疲れ目やドライアイを予防しましょう。

目は見下ろすように見る角度は瞼が目をカバーする面積が広くなるので涙の蒸散を防いでくれるからです。反対に見上げる姿勢では瞼があがるので目が空気によりたくさん触れるので乾燥が進むのです。ちょっとした違いでも長時間に及ぶと見逃せない違いになります。特に長時間パソコン画面を見続ける場合には、疲れ目にならないように見下ろす姿勢でと覚えておきましょう。



スポンサードリンク

 <  前の記事 近視、遠視、乱視について  |  トップページ  |  次の記事 視力矯正のイントラレーシック  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4566

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。