Top >  目の疲れ >  疲れ目に効く栄養成分とは?

スポンサードリンク

疲れ目に効く栄養成分とは?

目を酷使する日々が続くと目が疲れて物が見えにくくなったり、チカチカしたり、ぼやけたり、目が痛んだりといった症状に悩まされるようになり、肩こりや頭痛にも繋がります。疲れ目を改善するには、目を休ませることや、バランスの良い栄養を摂ることが大切です。

目に良いのはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ファイトケミカルのアントシアニンなどです。

ビタミンAが豊富に含まれる食品は、鮭、うなぎ、内臓、そしてにんじんやかぼちゃなどの色の濃い野菜などです。またカロチンは体内でビタミンAに変化して同様に働きますが、油溶性ビタミンのため油と一緒に摂取することで吸収率が格段に高まります。オリーブオイルやバターを利用しましょう。

目の働きにとって重要なアントシアニンという青紫色の色素成分はファイトケミカルの一種でブルーベリーやビルベリーというベリー類に多く含まれています。目を酷使したり、加齢などで目の機能が低下すると目が疲れやすくなり、物がかすんで見えたりすることもあります。

ブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンは、低下した目の機能を回復させる働きがあります。老眼や白内障の予防のためにもヨーロッパでは昔から目に良い食べ物とされて重宝されています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 水晶体脱臼と水晶体偏位という目の病気  |  トップページ  |  次の記事 ドライアイ(眼球乾燥症)にならないために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4575

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。