Top >  目の疲れ >  ドライアイ(眼球乾燥症)にならないために

スポンサードリンク

ドライアイ(眼球乾燥症)にならないために

ドライアイになると目が乾いて、ごろごろする、目がかゆい、目が痛い、目の疲れなどの症状が現れます。

ドライアイ(眼球乾燥症)になると、涙の量が減少するため、角膜や結膜に障害を起こしやすくなりますので注意しましょう。ドライアイになる原因はさまざまですが、加齢、パソコンなどの画面を長時間見つめることによってまばたきの回数が減少すること、アレルギー性結膜炎に伴うものなどが原因といいわれています。

ドライアイはただの疲れだからと軽視していると危険です。膠原病のシェーグや、レン症候群全身の粘膜がおかされるスチーブンス・ジョンソン症候群などといった病気の症状の1つにドライアイがあるからです。

また、コンタクトレンズを使用している場合にドライアイになると角膜感染症を起こしやすいので気をつけましょう。ドライアイの原因となっている疾患の治療を行うと同時に、人工涙液や角膜保護剤点眼を行います。目にかかる負担はなるべく減らすようにしましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 疲れ目に効く栄養成分とは?  |  トップページ  |  次の記事 目に効くブルーベリーとビルベリー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4576

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。