Top >  目の疲れ >  疲れ目にならないために

スポンサードリンク

疲れ目にならないために

目の疲れの原因は、長時間パソコン画面を見ることで目を酷使したり、デスクワークで近くの細かい物を見る作業を続けたり、夜遅くまでパソコンやテレビを見たり、本を読んだりする夜型ライフスタイル、バランスの悪い食事、睡眠不足、運動不足、ストレスなどの良くない生活習慣があげられます。

毎日目を酷使し続けたり、パソコン画面を見つめる時間が長いと、目の瞬きの回数が減ってしまいます。そのため目の乾燥が進みます。

少なくても1時間に1度くらいは目を休ませましょう。遠くの緑を見てリラックスしたり、まぶたに熱いタオルをのせたり、冷やした紅茶のティーバッグをまぶたにのせることも効果的です。

また、疲れ目には目の周りや鼻の付け根を軽く指圧したり、冷たい水で洗顔することも効果があります。目の疲れを残したままにしないこと、長時間目を酷使しないことが、目の病気を防ぐためには大切です。



スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病網膜症の症状と治療  |  トップページ  |  次の記事 円錐角膜という目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4538

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。