Top >  目の健康 >  老眼の症状

スポンサードリンク

老眼の症状

老眼は40才を過ぎたころから始まります。パソコンや携帯電話、夜型生活、運動不足などの影響で最近では30代から老眼になることもあるので注意したほうが良いといわれています。

目が疲れたと感じたら一旦作業を中断して休憩しましょう。バランスの良い栄養と、運動で血液循環を良くすること、そして筋肉の衰えを防ぎましょう。

また十分な睡眠で目を休ませることも重要です。

老眼の症状には近くのものが見えにくくなることがあげられます。新聞や本を読むと目が疲れてしまい、肩こりや頭痛にも繋がります。

老化すると眼球の水晶体の弾力性が低下し、また水晶体を支える毛様体筋が衰えるためで、目の焦点をあわせる働きに支障が出てくることが原因となっています。

目は近くを見るときには水晶体を厚くして焦点(ピント)を合わせて物をはっきりと見ることができるのですが、老化によって目の機能が衰えてくるにしたがってピントを合わせることがスムーズにできなくなってしまうのです。遠近を見る際に、素早くピントを調整することができにくくなってくることから老眼の症状があらわれるというわけです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 視力回復レーシックはリスクなし?  |  トップページ  |  次の記事 ストレスは目にも良くない  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4545

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。