Top >  目の健康 >  視力低下と近視と遠視

スポンサードリンク

視力低下と近視と遠視

近視・遠視・乱視を屈折異常、正常な視力は正視と呼ばれます。

正視とは、屈折異常で無い正常な状態のことですが、近視は屈折力が強すぎるために網膜の手前でピントが合い、近くは見えるけれど遠くを見るときにピントが合わずにぼやけて見える状態のことです。

遠視は、逆に屈折力が弱すぎて網膜の後方でピントが合い、近くも遠くもぼやけて見える状態のことです。遠視の場合は意識的に目の調整力を働かせれば、遠くにピントを合わせることは出来ます。そのため遠くははっきり見ることが出来るのですが、遠くを見るときに意識的に目をむりやり調整させるので、目が疲れやすくなると言う欠点があります。

乱視は、角膜の表面が普通の球形ではなく、楕円だったり歪んだりしているため、屈折の度合いが異なる状態です。そのため焦点が合わずに、物がぶれて見えたり、目が疲れやすくなります。

近視・遠視・乱視などでは視力低下が起こりがちですが、そうなると眼鏡やコンタクトレンズで矯正しなくてはなりません。

また眼鏡やコンタクトレンズの度数が目にあわなくなってくると無理やりピントを合わせようとして、ますます目に負担がかかってしまい疲れ目になるので注意しましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 疲れ目の原因と対策  |  トップページ  |  次の記事 網膜出血や網膜白斑という目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4549

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。