Top >  目の健康 >  紫外線は目にも有害

スポンサードリンク

紫外線は目にも有害

紫外線は、光の波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられています。紫外線は肌のみならず目の表面の角膜や結膜にもダメージを与えると言われています。紫外線を長い間無防備に浴び続けると白内障の原因になると言われているので注意が必要なのですね。最近は部は区がブームなので肌には気をつかっていますが、目も保護してあげる必要がありそうです。

少しずつとはいえ、紫外線による影響が積み重なると有害なので、屋外に出るときはサングラスや紫外線を予防する効果のあるコンタクトレンズ、帽子、日傘などで肌だけでなく目も保護しましょう。また紫外線は空からだけでなく、地面や壁からの反射もかなり強いので、サングラスは大きめがおすすめです。

特に海や山などの紫外線の強い場所では、紫外線対策が大変重要です。紫外線のもっとも強くなる午前10時から午後3、4時頃まではできるだけ裸眼で外を無防備に歩かないようにしましょう。紫外線の害は毎日浴びる量は少しではあってもそれらが蓄積されて後々影響があらわれるから怖いです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 目の疲れを食べて解消  |  トップページ  |  次の記事 麦粒腫(ものもらい)はよくかかる目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4552

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。