Top >  目の健康 >  老眼のはじまり

スポンサードリンク

老眼のはじまり

老眼は一般的には40才を過ぎたころから始まるといわれますが、パソコンや携帯電話等の通信機器の普及や夜も目を酷使するような生活環境の変化などで、30代でも老眼に注意したほうが良いケースもあります。老眼になると近くのものが見えにくくなりますので、新聞や本を読んだ後などは、目が疲れたり、肩こりや頭痛がするケースもあります。

若い時には、遠くを見た直後にすぐ近くを見ても何も不都合なことがなかったのに、加齢によって水晶体の弾力性が失われたり、水晶体を支える毛様体筋が衰えたりすると、近くを見るときに水晶体を素早くスムーズに厚くすることができなくなってしまうため、ピントが合わなくなってしまうのです。

目の機能が衰えることで老眼が起きるので、目を酷使しすぎないようにして目を休ませ、老眼鏡を使用しましょう。今はお洒落な老眼鏡も売られているので選ぶ楽しみもありますね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 疲れ目対策にビタミン  |  トップページ  |  次の記事 乱視になると視力低下や疲れ目がすすむ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4555

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。