Top >  目の健康 >  乱視になると視力低下や疲れ目がすすむ

スポンサードリンク

乱視になると視力低下や疲れ目がすすむ

乱視になると、角膜の表面がいつもの球形ではなく、楕円になったり歪んだりします。角膜の表面の変化によって屈折の度合いが異なり、焦点が合わなくなってしまうので、物がブレて見えたりします。その状態は目が大変疲れやすいので視力低下も心配です。

メガネやコンタクトレンズを使っている人の多くは、近視・遠視・乱視で視力が低下している状態ですが、メガネやコンタクトレンズで矯正しているからといっても安心はできません。

パソコンや携帯電話、夜遅くまで起きている生活などで視力低下が進み、メガネやコンタクトレンズの度が合わなくなってくることもあります。合わない眼鏡やコンタクトレンズを使用してしていると、無理やりピントを合わせようとしてしまうので、目に負担がかかり、疲れ目の原因になるので注意が必要です。視力検査を定期的に行って予防することも大切です。




スポンサードリンク

 <  前の記事 老眼のはじまり  |  トップページ  |  次の記事 目の疲れと不規則な食生活  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4556

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。