Top >  目の健康 >  夏の眼を健康に保つコツ

スポンサードリンク

夏の眼を健康に保つコツ

暑い夏になると夏ばてになったり疲労感が抜けずに体力を消耗することも多いのですが、目にとっても大変負担のかかる季節でもあります。

夏になると紫外線量が増えるため目に負担がかかります。太陽光線の眩しさと、さらに紫外線や赤外線を目にも大量に浴びてしまうため疲れてしまいます。

紫外線によって角膜上皮に光角膜炎を起こすこともあるので注意が必要です。

赤外線は眼の表面では吸収されずに、眼底の網膜まで達して日光網膜症を起こすこともあり、視力低下の原因ともなりますので注意しましょう。

特に夏の海では紫外線とともに赤外線も強いため、青色、緑色などの色の付いたサングラスを使用して目を保護しましょう。一般的に肌の紫外線対策は気をつけますが、目まで気をつける人は少ないと思いますが、将来の視力低下や目の疲れを予防するためUVカットサングラスや帽子で保護しましょう。



スポンサードリンク

 <  前の記事 目の疲れと不規則な食生活  |  トップページ  |  次の記事 結膜炎と流行性結膜炎という目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4558

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。