Top >  目の健康 >  子供の視力低下を防止したい

スポンサードリンク

子供の視力低下を防止したい

子供の視力低下(裸眼で1.0未満)も良く聞く問題ですが、低年齢での視力低下も増えてきています。小さな子が眼鏡をかけているのを良く見かけるようになりました。

子供の近視を防ぐためにできることは、姿勢を良くすること、適切な照明、目の休養などです。

読書や勉強をするときには背筋を伸ばして正しい姿勢で、椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばして本と目の距離は30cm以上開くように習慣づけます。
部屋の照明は300ルクス以上の明るさにして、手元には15~20Wのデスクライトが当たるようにします。光が強すぎると逆にまぶしすぎて目が疲れるので気をつけましょう。

またテレビやパソコン、テレビゲームを長い時間ずっと見続けることや、暗い部屋で見ることは視力低下に大きく影響するので避けましょう。適度に目を休ませながら、一日60分程度以内にし、特に連続して何時間もディスプレイを注視することは避けましょう。間に適切に休憩をして、遠くの緑などを見て目を休ませます。

テレビやゲームばかりでなく、できるだけ外で体を思い切り動かして遊ぶことも重要です。ボールなどを夢中で追いかけたりすることで、自然に遠距離と近距離を見たり、動く物を追いかけることで知らず知らずのうちに水晶体のピントを合わせる筋肉も鍛えられているのです。

運動によって血行も良くなり、筋肉も増えて健康になれる上に、食欲も増して健康にも目にも効果的な外遊びをもっと増やしましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 結膜炎と流行性結膜炎という目の病気  |  トップページ  |  次の記事 目を疲れさせない冷房のしかた  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4560

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。