Top >  目の健康 >  目の健康と紫外線の害の関係

スポンサードリンク

目の健康と紫外線の害の関係

紫外線A(UV-A)は紫外線の中で一番エネルギーが弱く、放射線全量が地表に届く光線ですが、紫外線Aは肌に当たるとメラニン色素などを刺激して皮膚に色素沈着を起こします。紫外線Aは日焼けやしみなどの原因にもなっています。

紫外線B(UV-B)はUV-Aよりエネルギーが強く皮膚障害を起こします。

紫外線C(UV-C)は強力で有害と言われていますが、オゾン層でほとんどが吸収され地上には到達できないと言われていました。ところが環境汚染の影響でオゾン層が破壊され、あちこちでオゾンホールが開いているといわれています。このため地域によっては有害なUV-Cが地表にまで到達する可能性があり問題視されています。

これらの紫外線は肌の老化を促進させ、身体の抵抗力を低下させ、そして強い光で目の健康にも良くありません。紫外線の強い場所にいくときにはUVカット効果のあるサングラスを着用し、つば広の帽子や日傘などで目を保護して守りましょう。目はサンスクリーンを塗れないので無防備だということを覚えておきたいですね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)は目の小児がん  |  トップページ  |  次の記事 眼精疲労の原因とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4563

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。