Top >  目の健康 >  近視、遠視、乱視について

スポンサードリンク

近視、遠視、乱視について

近視、遠視、乱視は屈折異常と呼ばれ矯正が必要になります。正常な状態は正視と呼ばれています。

近視になると水晶体の中での光の屈折力が強すぎて網膜の手前でピントが合ってしまいます。そのため、近くのものはよく見えますが遠くのものを見るとぼやけて見えるのです。

その逆に遠視になると屈折力が弱いために、網膜の後ろの方でピントが合います。そのため、遠視では近くも遠くもぼやけて見えるようになります。遠視の場合は意識してピントを無理やり合わせて見ることで、遠くのものは見えるのですが、目に負担がかかるため目が疲れやすくなります。

近視、遠視、乱視になった場合にはめがねやコンタクトレンズなどで視力を補助して見えやすくします。よく眼鏡をかけると視力低下が進むといわれますが、度があっていればそういったことはありません。めがねやコンタクトレンズは目の負担を減らしてそれ以上の視力低下を防ぐ役目もあります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 眼精疲労の原因とは?  |  トップページ  |  次の記事 疲れ目には休息  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4565

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。