Top >  目の健康 >  視力矯正のイントラレーシック

スポンサードリンク

視力矯正のイントラレーシック

イントラレーシックとは、最新の視力回復レーシックのひとつです。アメリカのINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを使用したコンピュータ制御によってフラップを精密に作成することでより正確で安全に、角膜にフラップを作成できます。その点が普通のレーシックと違う点です。

通常のレーシックはマイクロケラトームという装置でフラップを作成します。イントラレーシックではコンピュータ制御でより安全に確実にフラップを作れるところが特徴なのですね。

いままでのレーシックでもマイクロケラトームによる精巧なフラップの作成は可能ですが、フラップの断面が均等にできなかったり、ごく稀にフラップにシワがよる可能性もゼロではありませんでした。

イントラレーシックでは、コンピュータ制御でフラップを作成するのでその心配はありません。イントラレーシックは、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能になり、視力矯正の可能性が広がったことも特筆すべきメリットです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 疲れ目には休息  |  トップページ  |  次の記事 咽頭結膜熱(プール熱)は目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4567

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。