Top >  目の健康 >  視力と眼のしくみ

スポンサードリンク

視力と眼のしくみ

人の眼はカメラのようにピントを調整して合わせつつ遠くのものと近くのものを見分けています。近視や遠視、老眼などで視力が低下してしまうこともあります。近視といえば、学童期に視力低下が進む一番の原因です。近視になると遠くのものは良く見えなくても、近くのものは良く見えています。

正視では遠くのものが良く見えますが、年をとるごとに老眼になると近くのものが見えにくくなり老眼鏡が必要になります。

遠視になると、遠くのものはちゃんと見えますが、近くのものを見るためには無理をして眼の筋肉を緊張させて見ようとするのでとても疲れやすくなります。近くを見るたびに疲れるのでは大変です。

乱視には正乱視と不正乱視がありますが、正乱視は屈折した光が2か所で焦点を結ぶようになります。一般的に乱視というと正乱視のことを指すことが多いです。

不正乱視になると、どこにも焦点が結ばれなくなります。こうした不正乱視は円錐角膜や角膜潰瘍〈かいよう〉などで起こる症状です。こうした乱視は近視でも遠視でも起きるといわれています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 緑内障の症状と検査について  |  トップページ  |  次の記事 ぶどう膜炎という目の病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4570

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。