Top >  目の病気関連読本 >  回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇る

回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇る

回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇る
舩坂 宗太郎
回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇る
定価: ¥ 3,873
販売価格: ¥ 3,873
人気ランキング: 628228位
おすすめ度:
発売日: 1996-01
発売元: 人間と歴史社
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇るの詳細を見る

回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇るって書籍をご存知ですか?
実は私は最近まで知りませんでした。

表紙が損をしているかもしれませんね。
少なくとも私の食指を動かすような表紙ではないんですよ。まさか、こんなに良い本だなんて想像できないですって。そんなことないですか?

回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇るを表紙だけで評価しちゃ駄目ですよ!
読んだらびっくりです!絶対、おったまげますから。。

回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇るを読まれた多くの読者の評価も揃って高いようです。
まぢでお薦めですゾ。

人工内耳の全般を学ぶのに最適の本
 2005年のNHKスペシャル「サイボーグ技術が人間を変える」で人工内耳が紹介され、どのような原理か、また、どの程度、聞こえを取り戻すのか、気になりました。そしてWebサイトで調べ始めましたが、断片的な情報で人工内耳のメーカーのサイトにも私の知りたい情報がなく、「もう少し全般的に詳しく解説した本はないか」と思っていました。そして見つけたのが昭和60年に日本で初めて人工内耳の臨床応用に成功された船坂宗太郎先生が執筆された本書でした。
 人間の聴覚のメカニズム、人工内耳の構造、手術、リハビリテーションなどが、船坂先生の人工内耳との出会いのエピソードなどを含めて解説され、一気に読んでしまいました。そしてNHKの番組では伝えきれない人工内耳の「聞こえ」の実際を、日本で三人目の人工内耳の装用者となられた小木保雄氏の手記により、理解の手がかりをつかむことができました。
 現在、毎年、約450人の方が人工内耳の手術を受けているとのことです。
 人工内耳は外観的にスピーチプロセッサなどの使用がありますが、健聴者と同様に話が聞こえているように誤解されてしまいます。人工内耳を使用する際の調整での最低可聴レベル以下の音は全く聞こえないこと、音階を理解することは現在の技術上困難なことなど、多くの人が常識として持ち、人工内耳装用者(児)と接していくことが必要と思います。その意味で本書を多くの人に読んでもらいたいと思います。

回復する聾―人工内耳で聴覚は蘇るの詳細を見る

 <  前の記事 手術手順がビジュアルでわかる眼科手術看護マニュアル  |  トップページ  |  次の記事 新・こんな眼にあったら―最新眼科治療  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4377

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「目の病気の知りたいこと…関連読本&特定保健用食品(トクホ)」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。